空撮システム「YH-SKYWalker」

空撮動画をプロモーションやWEBコンテンツのアイテムに!他社と差別化して訴求する要素として、写真だけでは伝えきれなかった風景が動画で見せることができたなら。

空撮システム概要

無線操縦飛行による空撮とは

「YH-SKYWalker」は、空撮専用無線操縦飛行機を使用して低料金からはじめられる空撮動画を提供するサービスです。実機をチャーターしてカメラマン付きで行う場合に比べてはるかに低コストで撮影が行えます。無線操縦飛行機は実機からでは撮影不可能な地上~200m位の高度を最も得意としており、空から見える風景を動画として撮影することが可能です。
普段見慣れた風景や場所でも、空からの視点に移してみると全く別世界が広がります。

無線操縦飛行による空撮のメリット

  • ①空撮専用無線操縦飛行機を使用しての空撮は低料金からはじめられます。
    実機をチャーターしてカメラマン付きで行う場合に比べてはるかに低コストから撮影が行えます。
  • ②実機が飛行できない水面や地面すれすれなど超低空を飛行することが可能です。実機は航空法で300m以下を飛行できません。
  • ③無線操縦ヘリコプターでは、見通し約100mが飛行範囲となりますが、無線操縦飛行機では、条件により約7~800mを飛行範囲にとることが可能です。
  • ④実機やパラグライダーが進入できない条件下でも撮影が可能な場合があります。
  • ⑤弊社無線操縦飛行機は手投げ離陸、ハンドキャッチ着陸が可能なため滑走路が確保できない条件でも撮影が可能です。(ただし、離陸・着陸のための空域の確保は必要です。)

無線操縦飛行による撮影条件

無線操縦飛行機の安全運航には十分配慮しておりますが、下記のような条件下では撮影ができませんので、御了承ください。

①ロケーションによる制約
・人や建物が密集しており一般的に見てフライトが不可能であると思われるような場所。
・安全に離着陸可能な空域が確保できない場所
・飛行場等法律上飛行に制限を受ける場所
・飛行高度300m以上からの撮影
②気象条件による制約
・強風(風速5m以上。風速3m以下がフライトの目安です。)雨天(曇りは撮影が可能です)
③時間による制約
・夜間は飛行機が目視できないため撮影が行えません。
④人的な制約
・安全運航に支障を与える過密なスケジュールでの撮影は行えません。

安全性の確保

  • 線操縦飛行機の安全運航のため、模型無線操縦飛行機の日本トップパイロットによるフライトと機体のメンテナンスをフライト前後に行っております。また資格登録や安全な機体を使用しています。
  • ①無線操縦飛行機の推進力に電動モーターを採用し、機体の軽量化による安全性の強化
  • ②万ーの場合に備えて対人対物への損害賠償保険に加入

その他の注意事項

無線操縦飛行機の特性や安全運航のため、撮影条件によっては下記のような撮影になる場合がございますのでご了承ください。(なるべく下記のようにならないための配慮はいたしております。)

・撮影に関すること
①風による揺れや雨天による撮影不可条件もあるため撮影日数には余裕を見ていただいております。
②道路、鉄道などが隣接し、フライト等に配慮を必要とする現場では、事前に周辺の承諾をお取りいただくようお願いする場合があります。
③撮影場所によってはクライアント様より一名様にお立ち会いのご協力をいただく場合がございます。
・映像に関すること
①天候等の影響により無線操縦飛行機の揺れが生じ、空撮映像に揺れが入る場合がございます。
②撮影地形により太陽の逆光映像になる場合がございます。
③無線操縦飛行機を安全運航するためにパイロット及び撮影アシスタントが映像に映り込む場合がございます。

ページトップ